現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2008年09月22日

下塗革命の革命度は?

はいからモダン物語をはじめて3年。

多くの方に使ってきていただいていたのが

はいからさん、はいから小町でした。

1年目はいからさんでは多くの現場で

ムラ、アクが発生し私もその対応に追われました。

はいから小町販売後は9割の改善が見られ

ほとんど問題が発生しませんでした。

しかし、どうしても面倒だったのがアクの処理です。

簡単に言うと下地の処理でした。

その下地作りに革命を起こさんと開発、販売開始をしたのが

下塗革命です。

今までは一番手間がかかるパターンは合板やじゅらく壁などの上に

左官の仕上げをするパターンでした。

既存じゅらく壁剥がす⇒シーラー⇒下塗⇒シーラー⇒本塗り

という形をとっていました。

しかも、下塗が終わった段階でアクが浮出ていないかを

目視し確認することが難しかったりしました。

その目視が甘いと本塗りしたときにじわっとアクが染み出てきました。

そうならないように、様々試行錯誤を繰返してきました。


さて、前置きが長くなりましたがこの手間とアクをなくすために開発されたのが

はいからモダン物語、下塗革命です。

こちは何と


既存じゅらく壁剥がす⇒シーラー⇒下塗⇒シーラー⇒本塗り

という手間を


既存じゅらく⇒下塗革命⇒本塗り

というように工程を短縮します。

実際に塗っていただいた

三重の桑名ITONEN伊藤さんから驚きの声&下塗革命太鼓判をいただきました。

下地は築年数が経過したじゅらく壁。

見てください。

かなり強敵です。

I邸施行前

相当アクが出そうですね。

今までであれば、慎重に慎重をきす現場です。

「清水君、下塗革命ってじゅらくの上にもいけるの?」

「はいいけます。シラーも何もなしに一発で下地できますから」

「そりゃ、簡単やね」

ということで、早速採用していただきました。

ところが、下塗革命を塗った翌日・・・

I邸施行後

見えづらいですが、黄色っぽくアクが表面に浮いてきました。

朝から伊藤さんから電話。

「清水君、アクめっちゃでてるけど、ほんとにこのまま進めてええん?」

「かなり出てますか?」

「でてるねぇ〜。職人がほんまにやってええか不安で電話きたよ」

「なんかあったら飛んできますから、そのままいってください」

「ほんまに〜。大丈夫か不安やで」

「そのままいってください!」

ということでそのまま本塗りに。

はいから小町を塗っています


私も心配だったので本塗りの当日午前中が終わった時に電話。

「伊藤さんどうです?」

「今のところ問題なし」

「よかったですねぇ」

で、本日さらに経過を確認。

「どうでした?」

「全然問題なし。驚きだねぇ事例で使っていいよ太鼓判!」

とのこと。正直ほっとしました。

新商品はなかなか使いづらいもの。

早速使っていただいた伊藤さんに感謝です。


さて、その他にもサンプルを入手していただいている方がいます。

左官に革命が起こります。


加えて、ここに来て調子がかなりいい

福島のほっとリビングさんから有益な話しを聞いたのでお伝えします。

夏前にお伺いした時に

「大型物件をここのところ落としている」

という話しを聞き、提案書の作成などを提案し作成しました。

現在1000万円を越える案件が10本近く動いているそうです。

あまり詳細にはいえませんが・・・

現調を徹底的にやる。3名以上で伺って半日以上かけてやる。

契約を急がせない。

プラン契約を先行させず、じっくりプランを納得するまでお出しする。

提案書を活用する。

オリジナルのお客様の名前入りの提案書は効果があります。

リフォームも新築も動くお金が多ければ多いほど

お客様はじっくり腰をすえて考えたいし

信頼して安心して工事を頼みたいもの。

・プランの不安

・お金の不安

・その会社に対する不安

この3つをほっとリビングさんでは


・プランの不安

 ⇒ライフスタイルCADでのパースをきちっとした提案書で提案



・お金の不安


 ⇒ライフプランコンシェルジュサービスによる資金計画


・その会社に対する不安

 ⇒理念と想いがこもった提案書での安心感

という形で準備されています。

もちろんホームページやスタッフさんの行動が一貫性を持ち

お客さんの信頼を裏打ちしていることは当然です。

とっても景気のいい話しだったのでご紹介させていただきました。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康配慮はいからモダン物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。