現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2009年01月29日

行政に哲学を持ち込んだ人

本日は、夕方から全スタッフで講演に出かけました。
全員というのは、シップではかなり珍しいことでした。
それだけに期待もありました。
HaLAのプレジデントスクール校長の角田先生の主催する
アジア太平洋ルネッサンス協会通称APRA(エープラ)の総会がありまして
その記念講演に伺ったわけです。

『感動の旅:真っ当な生き方を貫いて』
というタイトルで、松本市長の菅谷昭(すげのや あきら)さんのお話を聞きました。

講演までに知っていたことは
チェルノブイリの原発事故のあとに
死の灰が降った町ベラルーシに飛び
子供たちの甲状腺ガン治療にあたり実績を残した方。
それが、NHKの番組『プロジェクトX』にも取り上げられたすごい人。

とにかく疑問だったのは
そのお医者さんが何故? 松本市の市長に?
ということ。

講演を聴くと私の求めている本質を発見しました。
それでは今日の戦略に・・・

【本日の戦略】

まず、菅谷さんの言葉から

政は言葉ではない
 結果が出てはじめて評価される

私のことに言いかえますと

行動は言葉ではない
 結果が出てはじめて評価される


正直耳が痛い。
さらに企業ブランディングに言いかえてみると

企業は言葉ではない
 結果が出てはじめて評価される


この評価の広まりが
ブランディングということですね。
家に置き換えると大満足の生活。住み心地となります。

菅谷さんは、この言葉を政治を始めて手に入れたわけではありません。

甲状腺ガンのスペシャリストとして
一流を極めたからこそたどりついた言葉なのです。

市政において人本主義を貫き
市民を主役、市政は黒子というスタンスで
こういったご時世の中でも市民に感動を届ける市政を行っています。

さて、私は今回講演で一流に触れたわけです。
すごいなぁ最高の話だった。
と思いました。
では、どうやって実生活にまねができるのか?
その本質を見たいと思います。

まず、菅谷さんを副市長が表現した言葉を

「行政に哲学を持ち込んだ」

ここから感じたことは2つです。

・そう、やはり哲学がなくては
・今まで行政に哲学を持ち込んだ人はいなかったんだ
 (少なかったんだ)

あえてもう一ついうならアウトローなんだな。
ということを感じました。
哲学を持った独自性は結果を生むのですね。

正直、お会いしてお話を聞くまで

医者と政治がまったくつながりませんでした


私の祖父は政治家で尊敬はしていますが
私事ですが政治全然興味がないです。
何か変わるのだろうか?
とずっと感じてます。

しかし、菅谷さんは市民から推薦され
市民から選ばれ、哲学を持って行政をしている。
そこに軸にしているのが感動の街づくり。
なわけです。
こういった人を選ぶことができ、トップにすることができる。
市民はすばらしいことだと思います。
こういった人への一票なら変わるのかもと思います。

さて、冒頭にも申し上げたとおり
医者として一流になった人が
政治で必ず結果をだすことができるかというと
それは違うと思います。

では何故菅谷さんは結果を出し、市民から選ばれ続けているのか?
それは普遍の真理があるから
本質を得ているからです。
これを哲学といってもいいかもしれません。


講演会後、数人と共有会を持ちました。
講演会を受け小さなことですが実践する日を決めるところまでできました。
その中で話したことですが

「一流といわれる人がたどりつく境地と
 下町の工場の寡黙な一流職人がたどりつく哲学は本質的に同じだと思う」

ということを話しました。
これは、シップにとっても私にとっても一緒だと思います。

さて、菅谷さんは現在65歳。
シップは8歳。私は31歳。スタッフ平均年齢25歳前後。

菅谷さんはカナダ留学をしていた時得た言葉から

「human life」=人間らしい生活

というものを知ったが、それは実生活に追われ
実践すること難しく、仕事だけの生活だったと正直にお話しくださいました。

そこから私に落とし込むと、もちろん「human life」ワークライフバランスは
大事だが徹底的に仕事に打ち込むことが一流に至る道。
だと再確認。徹底的に極める。

「焦らず、気負わず、地道に、自分のできる範囲で」

とは菅谷さんの言葉。
さて、どう動く? できる範囲を広げながら。

皆さんにはこういったネットワークで感動をお届けしています。
2月10日にお会いしましょう!
10127110570.jpg


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
清水さん

31歳にしての気付き大きいですね。

臥龍も「経営は哲学」という気付きを

若い時に持てて、良かったですね。

臥龍
Posted by 臥龍 at 2009年02月05日 11:45
臥龍さま

コメントありがとうございます。
感激です!!!

哲学。思考が全部これにリンクしていきます。一流にたくさん触れ、研鑽を重ねていきます!
Posted by シップ清水 at 2009年02月05日 13:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。