現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2009年02月04日

くっちゃい菜に学ぶ中小企業が残る道

さて、HaLAフォーラムが間近に迫ってまいりました。
私は一人でも多くの方に来ていただければと
思いまして、記事に直接お会いした講演される方の
紹介をさせていただきました。
プレジデントスクール校長の角田先生のことに関しては
まだ詳細をお伝えしておりませんが・・・

さて、本日は有徳社星さんによる
はいからモダン物語基礎研修会でした。
実は前日入りしていただき、
戦略会議を21時半から持たせていただきました。
その会場となったのが、タイトルにあります
「くっちゃい菜」です。
もちろんこの時間に開いているお店ですから、
飲み屋さんです。

星さんとは何度も来ているのですが
おいしい料理とおいしいお酒があることは
もちろんですが、マスターとのおしゃべりが
とてもためになるので、ついつい行ってしまいます。
そこから今日は戦略が降りてきました。

【本日の戦略】

この時期だからこそ
  小さなお店は他では得られないものを用意する


よく考えますと、1月は星さんとはお互い忙しすぎて
会って話しをしてということがなかったので
年末に清水家に星さんが来て以来の再会でした。
早速、くっちゃい菜に向かいました。
本郷三丁目にあります。

そして、乾杯。
私はその前に、はいからモダン物語基礎研修会後の
情報交換懇親会とその後にメガステップの小山社長に誘われて
ラーメン屋でビールという流れを汲んでいたので
お酒の強くない私としては結構な出来上がり具合。
でも、ついついおいしい日本酒を頼んでしまいました。

お客さんはカウンターに私と星さん。
そのほかには3人の女性が1組。
とにかく怒涛のようにお互い話し続け
現状の有徳社の動きを聞いていきました。
一通り終わるとその後は
がっつし哲学トーク。
出来事と考えとその根拠のセットを話していました。

・お通しは出汁に浮いた温泉卵
・ホタルイカの沖漬け

を肴にしていました。
さて次というところで発見したのが

・ふぐのたたき(1,000円)

安! ということで早速注文。
おいしいわけです。
星さんのスーツとシャツに関して話をしていると
他のお客さんが帰ったこともあり
マスターが会話に参加。
このマスターは本郷育ち。
もともとアパレル関係。
DCブランド出お仕事していたそうです。
だから、スーツとかにも詳しい。
話しは多種多様に広がっていく博識。

と、くっちゃい菜の戦略に移っていくわけです。
その中でおっしゃっていたことがとてもヒット。

・こんな時代だから、逆に商品を充実させてる
・食べ物も他では食べられないようなもの
・お酒も他では手に入らないもの


くっちゃい菜でしか食べられないもの飲めないもの。
それを用意しているとのこと。
飲食はわかりやすいですが
リフォーム業も同じ。
同じリフォームだったら安いところに流れますが
ここでしかできないとなれば
価格訴求することなく来てもらえるし、契約をしてもらえる。

どうしても、集客方法に話しはよっていきますが
実は、そこに用意されているものが
人を呼ぶわけですね。
いく根拠、選ぶ根拠。

そのベースにあるのは、

他で食べれるものならうちでわざわざ売らなくていい

という哲学。
さらに肴を追加。
マスターに何がいい?
と聞くと「ゆで落花生」と意外な答え。
じゃあそれでと頼む。
来た落花生を見ると驚き。
一房の大きさがはじめてみるような大きさ。

「多分2度と手に入らないですよ」

とのこと。一期一会の落花生。
食べると落花生の範疇を超えている。
栗? お芋?
という感じで美味。
とマスターの粋なはからい。
これも手に入らないお酒です。
とお猪口にサービス一杯。

二人とも黙って味わう。
鼻腔の奥にかすかに残る深い甘い香り。
飲むとすっと通るのどごし。
散々飲んだ後でしたが、おいしいことがはっきりわかる日本酒でした。
あえて名前は聞かず、おいしく味わいました。

気づくとすでに閉店時間は大幅に過ぎており
1時前。
急いで帰途に着くのでした。
あぁまたあの出会いがあるといいなと思って
またくっちゃい菜に行ってしまうわけです。

今だからこそ根拠、理由作りが大事なわけです。
それが、来る根拠、選ぶ根拠になるわけですね。
まさに、くっちゃい菜の戦略にはまった私達でした。

さて、食べ物の出会いもいいですが
人と、感動のお話しとのではいはこちら。
2月10日のHaLAフォーラム。
10127110570.jpg

お待ちしております。
posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。