現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2009年02月20日

売れるもの売れないもの

めまぐるしい一週間でしたが
今週の一番はやはり・・・
プレジデントスクール開校です。
参加していただいた方からも
喜びの声をいただき、こちらも感動しています。
シップの幅が激増した感じです。

【本日の戦略】

自然素材は売れない


はいからモダン物語のところでも
かなり深く語りましたが
そう感じたことを明確にしたいと思います。
というのも
自然素材というところを商品名に変えると
すべてに当てはまります。
商品名ということがポイントです。

理由は簡単です。
ものはたくさんあるんです。
そしていいものはどんどん開発されリリースされるんです。
もちろん本物とか最もいいものというものもありますが
それでも、ものはよくなっていくわけですね。
では何を売ったらいいのか?
売る前にすべて準備がまず必要です。

それは、自分がどうしてそれを選び
お客さまに提案するのか?

その理由と根拠です。
もし今、価格で相見積もりに負けるという事実があるとしたら
その理由と根拠が希薄かお客さまに伝えていないかです。
または、その理由と根拠がお客さまに
受け入れがたいものであるかです。
まぁ後者はおいておいて
大事なのは、
理由と根拠が希薄、お客さまに伝えていないということです。

希薄な場合は何が足りないのか?
それは、自分が使いたいと思うものを
提案していないということです。

自分の「売れれば何でもいい」

お客さんの「買うのはどこでもいい」
に直結します。
そして、どうせ買うなら安いのがいいになるわけですね。
自分が家作りに何を使いたいのか?
それをきちんと選択していく必要があります。
選択するには理由がありますね。
あとはそれを深掘りしてブレない根拠にする必要があります。
会社のことを考えると理念にもつながっていることが
大切ですね。

次に、伝えていないというところですが
こっちは用意しているようでも
常に、お客さんは進化しているわけで
こちらも変化し対応していく必要があります。
昨日と一緒は衰退ですものね。
私も肝に銘じておきます。

さて、伝える方法ですが
ロープレが一番
だと思います。
強い会社はロープレです。
そしてツール。
だれでも、最低限のことをちゃんと伝えられるツール
必要です。
アプローチブックにしておくことが大事でしょう。
そして、必ずそれをする仕組みにしておくこと。
そうしないとばらばらになりますね。

さてさて、商品では買ってもらえない理由
伝わったでしょうか?
粗利低下、価格競争を脱していきましょう!

そんな狙いにもピッタリ
御社の選ばれる理由、根拠作りにオススメ!
下記イベントお早めにお申込ください。



posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。