現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2009年07月10日

仲間とチームとシップ

今日はチームメイトに救われたなと
思う日でした。

【本日の戦略】

1×○○倍


私はキャプテン翼に出会ってから
サッカーにのめりこみ
個人競技ではなく、団体競技をずっとやってきたわけです。
自分で言うのもなんですが
足も速いし、得物(テニスラケットとか)を使わないスポーツであれば
かなりのレベルでなんでもやってきました。

面白さでもあり、難しさでもあるのが
団体競技。
チームプレイです。
シップに入社以来、同じように面白さと難しさを感じますね。
でも、やっぱりといったら何ですが
私はリベロのポジションがピッタリだなと思います。

リベロとは

リベロ(Libero)はサッカーのポジションの一つ、ディフェンダーの一種。
イタリア語で「自由な人」という意味。
元々はマンマークすべき相手のいない
「自由な」ディフェンダーであったことから、そう呼ばれるようになった。

スイーパーの一種で、守備においてはフィールドプレーヤーの最後尾で、
ディフェンスラインの後ろのスペースをカバーしつつ、
チーム全体の守備を統率する。
そしてチャンスがあれば、相手陣内まで上がって攻撃参加する。

なるほど、あらためて見てもピッタリかも。

私が良くプレーを見た選手は
ドイツのフランツ・ベッケンバウアー
中学の先生から借りたビデオで繰り返し繰り返し
プレーを叩き込んだわけです。

スピリットで学んだのはカリオカ(ラモス・ルイ)。

憧れでもありました。
ポジション的には能力、技術の面からも
リベロに落ち着くわけです。
中学も高校も結局そうでした。

一つとして、指揮系統になれるポジションであり
一つとして、要になれるポジションであり
一つとして、時にファンタジスタなれるポジションであるから

私としてもやっていて楽しいわけですね。
指揮系統とは、周りの選手の最大の利点を引き出すための指示をする。
要とは点を取られないために、最後の砦となる行動をする。
ファンタジスタとはその行動で周りを魅了する行動をする。

仕事も一緒ですよね。
今期のチームは、まさにそういった部分を担う部署です。
CDのデライトにはまだまだ程遠いですが
その原石は徐々に出来上がってきています。
あとは磨きをかけてスパートさせます。

3年目のスタッフで大宮という女性がいます。
この大宮私よりずっとストイック。
で、慎重派。
女性の周辺視野をばしばし発揮。
3年目の実力も備わっているので意見もバッチリいいます。
私以上に私のスケジュールを把握しているかも。
チームの細かい部分を落ちなく進めてくれますし
率先して、物事に取組める彼女には大変助かっています。

その子分のようになっているのが
今年入った渡辺。女性です。
肝が据わっているというか
私とのやり取りでも堂々としており
時々たじたじになるときもあります。
もちろん新人ですから、仕事なんかはこれからですが
意見をちゃんと言えるところが良いんですよね。

で、このふたり。
社長レビューよりも峻烈な突込みを私に入れてくれるわけです。
ふたりが交互にレシーブ、トス、スパイク!!!
で私に突っ込んでくるわけですね。

今日の〆会では、結構な自信作と思っていたものを
一言
「長すぎです。わけがわかりません」
とぐうの音もでない精度で
アウトプットに突っ込みを入れてくれました。
私は、そこから修正を行い
社長に提出。
なんとかOKをもらえ、次に進むことが出来ました。

このチームというものは
上手に行くと1×100倍なんて事は往々にして起きます。
1人のしょぼいパワーも
乗数的に上がっていくわけです。

今後もリベロとして
チームとシップのなくてはならないポジションとして
行動して行きたいと思います。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。