現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2009年07月17日

リマインド水口先生の言葉

いや〜今週も大変忙しく
大変密度の濃い1週間でした。

プレジデントスクールその1
プレジデント
スクールその2
プレジデント
スクールその3

の記事もあわせてご覧ください。


皆さん東京梅雨明けしてました。
いかがお過ごしですか?
本日も盛り盛りだくさん。
そして、不覚にも京浜東北線で涙してしまいました。
そのお話しはあとで・・・

【本日の戦略】

日本の四季を取り入れる


この忙しい中でも一つ大きなものが完成しました。
ちょっとそれを一部お見せします。
ライブ@インテリアの動画です。
業物です。



これ、30分で作成可能です。
作ってみたい方はご連絡ください。03-3868-9621清水まで

一瞬で午前中は終り
そこから、エコブラックコーヒーを購入。
エコブラックコーヒーとは
田原飲料さんが作られた缶コーヒーです。

ホームページから抜粋。

原料の珈琲生豆は、エクアドル共和国コタカチ郡インタグ地方の熱帯雨林生まれ。

森の生態系を守る森林農法(アグロフォレストリー)、有機・無農薬栽培珈琲豆の素直なおいしさをよりストレートに生かすため、パッケージにカートカン(缶
型紙容器)を採用しました。カートカンには間伐材メインの国産材が使用され、日本の森を守り育てる事業にも貢献しています。フェアトレード、オーガニッ
ク、エコロジー。環境にも人にもやさしいECO・BLACKには、地球の未来を想うハチドリが羽ばたいています。


素敵なコーヒーです。
また、この会社の担当の後藤さんという方は本当に熱い方です。
欲しい方はこちらまに載っている電話番号に電話すると
最寄で購入できる場所を教えてくださいます。

それを携えオクタさんへ訪問。
本社社屋リニューアルオープンレセプションにお伺いしました。
オクタさんとの出会いはもうすぐ6年になりますが
その当時移転されてから
どうなるのだろうなぁ〜とずっと待っていた社屋が完成しました。
本当は代表の小松が行くところでしたが、セミナーということで
私が代理でお伺いしました。

100名くらいの方々来られていたのではないでしょうか。

DSCN5613.jpg

山本社長をパシャリ。

DSCN5615.jpg DSCN5629.jpg

風水などを取り入れて、一つ一つのデザインに根拠があることに
大変興味をもち様々質問してしまいました。

DSCN5630.jpg DSCN5625.jpg

テレビの取材なども入っておりました。ペアガラスに関して語ってられます。

DSCN5633.jpg

会長には個別に屋上などの説明と会長室のお招きをいただきました。

DSCN5642.jpg DSCN5643.jpg

なすびやその他季節の野菜が育てられていました。

DSCN5645.jpg

あっソーラーを写すのを忘れていました。

会長と一緒に行ったアメリカの西海岸で視察した
世界で3番目にグリーンな建物に似ていました。
そのLOHASセミナーの記事はこちらにあります。

DSCN5648.jpg DSCN5650.jpg

ミワランドの中堀社長とデータキットの喜多社長とご一緒させていただきました。
ゆったり過ごさせていただき、たくさん興味深い話しも聞かせていただき
刺激の多い時間を過ごし。おいとま。

と、大宮からの帰り道、代表小松のブログでちょっと涙。
水口先生の言葉が載っておりました。
声が聞こえてくるようでした。転載させていただきます。



 日本の、今の消費をリードしているのはシニアだ。50代、60代、70代、80代だ。しかも、はっきりと女性だ。
 今の先、近未来の消費リーダーも間違いなくシニアだ。
 なぜか。
 ヤボになるが、ちょっと説明しておこう。
 かの女たちは大集団なんだ。その上に、金と時間を持っているんだ。さらに、その上に、「家族のために費やした30年」を取り返そうと思っているんだ。「わたしらしいわたしになるんだ」と決意しているんだ。だから、パワーがあるんだ。
 反対に、これまでずーっと、日本の消費をリードしてきた若い世代は、小さな集団になってしまった。そして金も持っていない。
 −−−というわけ。
 さて、そのシニアの女性たち。かの女たちの求めるものは何だ。楽しい時間だ。おしゃべりだ。おいしい食事だ、旅だ。花だ、風だ、水だ。日本の四季だ。
 日本は、今、傷んでいる。相当前から傷み続けている。可哀想なくらいだ。
 今より、ずっと前の方が、ずーっと美しかった、美味しかった。
 だから、かの女たちをもてなそうとすれば・・・、かの女たちに、「ワーすごい、うれしい」と叫んでもらおうと願えば、傷んでいなかった過去を提示する以外にない。しかも、現実の過去を超える美しさで・・・。
それが「過去という未来」だ。



すごい言葉ですよね。
過去という未来。水口ロジック。自尊世代の向かうところは
四季を復活させていく、町の絆を取り戻すことではないかと
私は思うわけです。

日本の四季を私たちは復活させることが大事なんだと思います。
期せずして先日のブログ浅草寺のほうずき市の話にも書きましたが、
季節を大事にするということは日本人のDNAに組み込まれています。
これを人は待っているわけです。
読んでいたら涙がでました。


1期生の集まりを企画したのでその会場へ。

DSCN5660.jpg

村上さんの独立祝いと高橋くんの退院祝い。
あっという間に終電のお時間。
久しぶりにじっくり話をしました。
次回もまた開催します。
あ〜とにかくもりもりだくだくの1週間でした。
ありがたいお話しです。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(1) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

この時間が大好き☆
Excerpt: 同期たちに会ってきました 気兼ねなく、 仕事のこと、恋愛のことを話せる、 この時間が大好き 社会人1年目の頃から、 好きな時間です でも、 話す内容が、 [20..
Weblog: 心理カウンセラーむらかみさいこの★☆Happy Saikology☆★
Tracked: 2009-07-19 00:17
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。