現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2009年08月18日

新人の活躍するためのツール

本日は社内でミーティングをしたりと
今月の残りの詳細計画を立てて
月末に向けてドライブをかけました。
休み前に頂いたメールからお客様を紹介します。

【本日の戦略】

新人を即戦力へ


10億以上の企業になってくると
社内制度も整い、新人研修などもシステム化されてきます。
シップのソフトの講習会などに参加する新人さんも
5月、6月の時点で自分の売上目標なども明確化されており
講習の休み時間などにお客様と直接連絡を取り
どんどん活動していたりされます。

シップ、私自身も新人が育つために
頭を悩ましたり、機会や場を演出したりとしていくことに力を入れます。
企業力はやはり人が育っていくのと比例していると思います。
私自身も代表の小松にそう育ててもらったなぁとおもいます。

1年目はとにかく小松との同行。
それに前後する準備や契約のための行動をしてきてことが
一番力になりました。
でも、1年目は営業としては全然だめでした。
まず、パソコンがあまり使えなかったというのが大きかったです。
そうなんです。私パソコン全然使えなかったんです。
というと、私のお客さんは「またぁ〜大げさに」と思うかも知れませんが
本当です。

初めてのお客様が出来たのは、8月末。
ちょうど今頃でした。
下請けから元請にシフトしたいというお客様の支援でした。
そのお客様は今では業界でも注目される企業さまに。
今思うと大変高いレベルの会社が初めてのお客さんだった
ことで、私自身大変多くの学びをいただきました。
ありがとうございます。

リフォーム業は人にノウハウがたまっていくので
新人教育といってもこれまた大変です。
大きな会社ならまだしも
3億〜5億くらいの規模の会社さんでは
即戦力になってもらいたいのが経営者としての希望ですね。

その一つの解決策が
ツールだと思います。
新人でもすぐに使えるようになり
指示を出せば、お客様が驚くような接客を演出してくれる。
そんなツールがあれば、新人も即戦力になってくれます。

リフォーム業で最もオススメなツールが
住まいの試着です。
今日は、愛知県豊田市のヤマハナさんの新人
樋村さんから頂いたメールをご紹介します。
まさにこの新人が即戦力になった実績だと思います。


以前”住まいの試着”で
K様邸のプランを修正して頂いた件ですが、
山内の方で順調に話しが進んだみたいで契約も済み、
工事も順調に進んで今日お客様にお引き渡しが完了
しましたのでご報告させて頂きました。

あのプランのまま実現されていて感動しました(^o^)
アドバイスありがとうございました。
写真を添付しておきます。


だそうです。
もちろん全てを自分でということではないですが
リフォームはオートクチュール。
新人がパッと提案して、すっと契約とはなりません。
じゃあ、ただOJTで見てれば良いかというと
中小企業にはそんな余裕はありません。

そこで、この住まいの試着です。
私も相談を受けましたが、ほとんどご自身で作成されていました。
でお客様にお見せしたのがこちらです。

4.jpg

入社2〜3ヶ月でこんなアウトプットができれば
すばらしいですよね。
出来上がりがこちらです。

DSCF0044.jpg

樋村さん自身がそのままになっててびっくりしたとありましたが
お客さんももっとびっくりしたと思います。
こういった感激がお客様の信頼作りには大切です。
自信を持ってどんどん取組み
住まいの試着を使ってお客様との絆を強くしていってほしいです。
新人樋村さんこれからもどんどん住まいの試着をつかってくださいね。

新人教育の一ツールとしてシップの研修も大変使えます。
ご派遣いただければ、その後の実践までフォローさせていただいています。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。