現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2009年10月07日

企業の底上げ社長の仕事の原点はなに?その2

さてさて続きを
午後からの研修は
シップ代表の小松にインタビューをして
代表小松自身の自分軸をまとめました。

【本日の戦略】

社長の原点は会社の原点

理念経営が大事。
といわれるようになったのは
バブルがはじけて、ビジネスが難しくなったあたりからだと思います。
原因と結果が複雑に絡み合い
判断や解を求めることが難しくなったからだと思います。

その時に基準になるのが
理念です。経営方針です。
もとをただすと社長の原点だと私は思います。

社長の原点から思考をはじめて
自分の判断をミックスして
とった判断、行動であればそれは正しいものになると思います。

そういう意味で
自分の会社の社長にインタビューをして
社長の強みやお客さん何をどう提供したいのか?
それをまとめることは、スタッフにとって大変良いことだと思いました。

簡単にいえば、社長という存在がとっても近くに感じられるようになります。
特に、シップのように1期生から7期生まで7階層にもなっている
企業にとって社長の熱の伝わり方は層によって違います。
しかしどう伝えたらいいのか?
何を知ったらいいのか?
お互いわからないことが多く
ずれが発生します。

ここに会社を弱める原因があるわけです。
経営者にとってスタッフに関しては年の功や
採用に時間をかけることで理解は深まります。
また、スタッフの生活の責任を持っているということで
かける想いも強いです。

しかし、一方通行のことが多いです。
これが、ずれの原因だと思います。

シップ代表の小松は
知っている方も多いかと思いますが
お酒が大好きです。
そういったお酒の席で私が何度も言われたことがあります。
「机の上にざら〜っと料理が並んでないと嫌なんだよ」
まぁ激しく納得という方は東北地方の農家の方かもしれません。
でも、よくわからない方が多いと思います。

しかし、これが小松の育ってきた環境、文化であると考えると
良くわかります。
農家で農作業などを皆でやる文化があれば
家にはたくさんの人がいて
むしろたくさんの人がいる時には
大きなテーブルに
大皿に盛られた料理がたくさん置かれている。
それを皆で食べる。
お酒を飲みながら食べる。
それが楽しく幸せなわけです。

これが、代表小松の育ってきた環境です。
この環境、文化に小松自身の考えが影響されてないわけがないわけです。
こんなところを深堀して小松の原点を探った午後でした。

アウトプットはみな素晴らしかったです。
ほぼ期ごとのチームに分かれて
発表を行いました。
1期生として、発表が最後であったこともあり
大変プレッシャーもありましたが
仲間の高橋くんと古川さんと力を合せ
良い発表になったと思います。
その辺りはこちらに。

研修後は懇親会。
印象的だったのは小松がとなりに座って
北上HaLAや研修のことを話して
私へのアドバイスをしながら
私の頭をぺちぺち叩きながらうれしいメッセージをくれたことです。
内容は秘密です。

会は盛り上がりに盛り上がり
なぜか最後にメガまゆがネタをちょっと披露。
小松が下を向いているので
面白くないのかなと思ったら寝てました。

何かとってもうれしかったのかなと
はじめてみるような酔いかたに心配をしながら
スタッフで見送りました。
研修の成果を現実で上げていきましょう。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
清水さん

本当にお世話になりました。

清水さんのお力添えで成功したといっても過言ではありません。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 森川滋之 at 2009年10月15日 11:49
コメントありがとうございます。
ほめすぎです。
小松も大変喜んでいたことが私は一番うれしかったです。スタッフ同士の相互理解も進んだことも大きな成果です。
さっそく様々な場面で活用させていただいています。
Posted by シップ清水 at 2009年10月15日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。