現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2009年10月29日

一周忌 水口健次先生あのね

本日の朝、代表の小松より
全スタッフにメールが流れていました。

> 小松です
>
> おはようございます
> 本日 水口先生の命日です
> それぞれの立場でご冥福を祈っていただけますか
> お願いします
>
> 今こそふさわしい水口先生のメッセージです
> 2005 10 11の私のブログからです

ブログの記事はこちらにリンクしておきます。
是非ご覧になってください。


本日の小松のブログにも紹介されています。
あわせてごらんください。

ぐっとこらえて水口先生のことを思い出しました。

一年前の2日後に先生がお亡くなりになったことを
蕎麦屋でお世話になったTOTOの方からお電話で伝えていただき
心臓がバクバクしながら小松のもとに走ったことは忘れられません。

【本日の戦略】

切り口と言葉にすること


1年前。小松の記事は4年前。
シップはもうすぐ4歳になるところ。
私は3年目。
年月は流れていますが、
水口先生の言葉は色あせないです。
むしろ今をずばりと言い当てています。

例外とか異常のようにしか見えない実践事例に着目

とは先生がいつもおっしゃる言葉の一つです。
今思うと
先生の発する言葉が
最新の成功したビジネスモデルを分析されていても
表現する言葉は、すべてオリジナルでした。
事象を捉えて一言で表現する先生の言葉。

例外であり異常をありふれていない言葉で表現する
ということが、先生の切り口だったのだと思います。
強みを強みにしオリジナリティを生み
ご自身をブランド化していったのだと思いました。

先生あのねという作文?日記を小学生の頃した覚えがありますが
水口健次先生あのねをしたいことがたくさんあります。

御殿場のTOTOさんの研修所から
たまたま、ご一緒させていただいたタクシーの中で
「しみっちゃんは」と名前で話しかけてくださった驚きと感激
戦略塾でたくさん講義をしてくださったこと。
SWOT分析を先生直々にコメントしてくださったこと・・・
思い出は尽きないですが、
今を先生はどう捉えて、どう言葉にするのか・・・

先生のロジックがどう進んでいっているのか?
先生あのねと聞きたくなってしまいます。
でも、感じて考えるしかないのですよね。
先生のことを多くの方に知っていただくために
こちらにブログ記事をまとめておきます。

至福の時間 水口先生の話しを聞く

愛・奇跡・感動の戦略塾 1日目

愛・奇跡・感動の戦略塾 2日目前半

愛・奇跡・感動の戦略塾 2日目後半

水口健次先生にたのまれたこと

リマインド水口先生の言葉

自尊世代と絆



posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。