現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2009年11月20日

情熱のペレットストーブ「待ってられない」

今週はイベントウィークでした。
HaLAフォーラムの翌日はカーボンオフセットハウスネットワークでした。
こちらはHaLAフォーラムで紹介した
ペレットストーブをシップの9階のスタジオで点火してみました!
大丈夫かなぁとかなり不安でしたが、
燃焼効率の高いこのペレットストーブは問題なしでした。

【本日の戦略】

日本の山を救うにはもう待ってられない


午前中は私の講義。
少人数制でしたが、午後からは会員さん含め
たくさんの方々が来社、一気にボルテージも上がりました。

DSCN5927.jpg

34367f44.jpg

実演になるとみな大興奮。

357393a1-s.jpg

その中心にあったのがこのペレットストーブ。

63cb278d.jpg

皆さん釘付けです。
さて、これすでに燃やしてます。
ここ、東京の23区内です。
すぐ近くに東京ドームもあるごみごみとしたところ。
隣のビルは路地一本分。
でも燃やしても通報されることもなく
ビルの警報装置も作動することもなくすみました。

なぜこのようなことができたかといえば
それは、このペレットストーブの燃焼効率が高いからです。
白い煙がもくもくと出てくるのかなと思いましたが
つけるときも消すときもそんなことはなかったです。
そして、熱効率を上げるために、前面に輻射熱をためるように
設計されているため、前面以外は熱くならないという優れもの。
上にものをおいていても問題ないです。

このペレットストーブには、何がこもっているのか?
それは、日本に自然環境をよくしたいという情熱です。夢です。
このペレットストーブを開発した古川さんは
もともとはとび職。
日本の山の現状を知り、自分でストーブの開発に取り掛かりました。
シップ的にも私的にもこんな人大好きです。
シップファンの方たちもファンになってしまう人です。

私は古川さんが熱く楽しく語るのを見て
今古川さんがの想いが広がっている
夢がかなっていっているのを間近で見ていることを強く感じました。
私も強力に応援します。

このストーブの大きな特徴は

・最低限のメンテナンスでOK
・壊れない(電気部分が少ない)
・熱効率がいい(40畳までOK)
・マンションでも使える(煙が出ない)
・シンプル!

そして、なぜ日本の山を復活させることができるかというと
燃料にポイントがあります。

今までペレットは木のいい部分(白木という白い部分)ではなく
どんな部分でも燃料にできるところにあります。
これまでは、ゴミでしかなかった木の皮(バーク)の部分もペレットにできます。
山のゴミは2つの点で山に負担をかけていました。
ひとつは、山に放置されることで山が育たない。
捨てることに費用がかかるので、林業に負担がかかる。
という二つです。

山はただ木を植えていれば育つわけではなく
植えて、ある程度育ったら間伐。
下草なども刈っておき、地面が見えているようにすることで
木の発育が促進されます。
その行為自体がすべて手間暇がかかります。
そして大変です。

斜面から木を一本下ろすのを考えてみてください。
やり方すらわかりませんね。
すべてにお金がかかります。
しかし、売れる木を作っても
その木は外国から輸入される安い木と比べられて
価格をたたかれます。

悪循環です。
そして、この悪循環は山を腐らせます。
山が腐ると水が腐ります。
川が腐ります。海が腐ります。
日本の自然環境か腐ります。
詳しくは書きにまとめたので読んでください。
日本人としての違和感
日本の宝である杉を活かす
命題は杉を使うこと
杉花粉と山の関係
日本の技術の衰退

研修会の終わった後
天然住宅相根さんと古川さんと打ち合わせをしました。
たくさんの議論が重ねられる中相根さんと古川さんの間で
2度あがった言葉が印象的でした。
「待ってられない」
いくつかの案が挙がる中で、それは山の再生を考えたときに
遅すぎる待ってられないという意味です。
そう、もう待ったなしです。

悪循環を断つために
なにか行動ができるとしたら、このペレットストーブ使ってください。
詳しくお聞きしたい方は私までお電話ください。
シップあてでもOK(03−3868−9621)


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金銭的に余裕があったらぜひ新生活に導入したいところです。
本物の火が生活の中にあることは、本当だったら自然なことのはずなんですがね。
Posted by リフォーム市川・船橋 コモドホーム水口 at 2009年11月25日 14:05
水口さん
まずは会社で導入を検討してもらってくださいね! 私もほしいなぁと思います。
Posted by シップ清水 at 2009年11月25日 14:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。