現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2009年12月08日

2009年ラストのはいからモダン物語研修会

今週はイベントウィークです。
シップでは毎週のようにイベントをしておりますが・・・
さて、本日は私は今年ラストのはいからモダン物語研修会。
本日も熱を込めてお送りしております。
大阪ではしぷリフォームセミナーが開催されています。
夜にまた更新します。

【本日の戦略】

歴史を語る


夜なので、更新します。
今日も1社さん新しく入会いただきました。
ありがとうございます!
10月から3回目の開催になりましたが
やってみて思ったのは
歴史を話すと皆さんわかってくださる。
ということ。

どういうことか?
この誕生してから、はいからモダン物語は5年目です。
正直1年目はノイローゼになるかと思うくらいクレームだらけでした。
そのときにご迷惑かけたことは、
本当に会員様には申し訳ないことばかりでした。
私が担当になったのは1年目も4ヶ月たったあと
2006年の新年からでした。

はじめにきっちり後藤さんの話を聞いて
得たのははいからモダン物語を広めるという使命感でした。
これは、今でも続いています。

そこから、研修会で自分自身が学び
後藤坂さんに朝も夜もなく電話して学び
研修会にまず会員さんを呼び
3月まで盛り上げに盛り上げて会員さんに
目玉商品であった珪藻土(はいからさん)を使ってもらいました。
2006年4月の研修会は懇親会も含めて、大盛り上がりでした。

しかし・・・
そこから販売した珪藻土はいからさんがほぼクレームになりました。
灰汁、色むら、施工に関して・・・
朝から晩まで対応に追われたことを良く覚えています。
ひとつ気になるとお客さんはどれも問題があるように思えてくるわけで
これが信頼をなくすということなのだということをまざまざと体験しました。
また、研修会でいいものであるということを強調していたわけですから
そのギャップは大きかったことも期待を裏切る原因になったのだと思います。

同時に、リフォームの現場は多種多様。
職人さんの腕も千差万別。
どうして、灰汁や色むらが起きるのか?
ノウハウをためるにも実績が少ないだけに、
再現性も把握できず、事前に防ぐということもできず
先手を打つことも出来ず、販売した先からの連絡が来ないことを祈るだけ。
八方ふさがりでした。

しかし、いいものです。使ってください。
と自分で言って売ったわけですから投げ出すことは出来ませんでした。
また、シップの顔や社長の顔に泥を塗るような対応はしてはいけない。
そう感じ、逃げずあきらめず対応しました。
今思うと、その時の対応がリフォームの現場をたくさん知る機会になりました。
後藤さんも動いてくださり、新商品が開発されました。

私自身も慎重に行きたかったので、
販売前にサンプルをもらい、夏休み返上で
多種多様の下地を作成し、40枚くらいためし塗りをしました。
コンパネ数種(灰汁の出方が合板の表面の材で違います)、
新規ボード、それぞれシーラーの有無、下塗りの有無、組合せ。
塗りまくりました。乾燥させて結果を見ました。

ここで初めて、どうすると灰汁と色むらが出るかが明確になりました。
そこで作成したのが灰汁、色むら危険度チェック表です。
下地状況、左官職人さんの腕、夜間の養生状況をチェックして
点数化して、灰汁と色むらの危険度を確認できます。
これにそって下地作りを行うことで失敗しない基準が出来ました。
これが8月。

9月に1周年記念イベント。
今だからかけますが、この1周年は謝罪からはじめました。
にもかかわらず、30名をこえる満員御礼でした。
謝罪を受け入れてもらい、その上で2年目をお伝えさせていただきました。
そこでリリースさせていただいたのがはいから小町でした。
灰汁、色むら危険度チェック表をお見せしながら
実際に夏休みに行った実験結果をもとに皆さんにご理解いただきました。
そして、多くの方にもう一度使ってみよう!
といっていただけ、実際にその後も使っていただきました。

そこからは、何度かご意見などをいただきましたが
日が経つにつれ「いける」という自信を得ることが出来ました。
現在では、灰汁、色むら問題で四苦八苦ということはないです。
対処法や解決策を相談しながら見つけることが出来るようになっています。

というような歴史をお伝えすると
皆さん親身に聞いてくれます。
商品のよさではなく、
いいこと悪いことあわせた歴史がお客様に伝わるのだと思います。
しかし、チャレンジをやめてはいけないと思います。
はいからモダン物語では新しい左官材料をリリースします。
健康に害がない、格安の左官材料。
パーフェクトウォール、カオリンの壁という名称です。

詳しくは別途になりますが想定している価格はかなりの魅力です。
ご時世にあう健康配慮住宅の提供がかないます。
低価格だけど、健康配慮。
よりはいからモダン物語が広まると思います。
ちょっと早めに塗ってみたいんだけど!
という方は私に直接お電話ください!

さて、あさってからシップエコプロダクツに出展します。
これまでは2年間見物でしたが、今年からは出展。
こちらもお越しの際はお声掛けください。
広いので、お電話していただいたほうが早いかもしれません。
お待ちしています。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もうすぐうちの渡部がお伺いすると思います。びしびししごいてあげてください!
Posted by リフォーム市川・船橋 コモドホーム水口 at 2009年12月08日 12:49
かしこまりました(笑)
Posted by シップ清水 at 2009年12月21日 11:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。