現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2009年12月25日

イメージさせる言葉の重要性

本日は社内に一日いました。
今週はちょっと出る機会が多かったです。
年末であまりばたばたはしていませんが・・・

【本日の戦略】

一言でイメージさせる


芸人さんの言葉はたくみです。
語感がするどい。
もちろん日々そういったアンテナを広げているから
ということもあると思いますが
選択されて発言される言葉が絶妙だなと思います。

湯沢のブログに掲載されていましたが
本日の午後はお客様が来社されました。
私も同席。
常々、言葉のチョイスがうまく、一言で状況を説明することが
大変うまい方です。
その中にウィットも含まれていて聞いているほうも面白い。

バラエティに富んでいる
というのは通常プラスの言葉としてとらえますが
マイナスに使っているところが
笑えました。
詳しくは上記の湯沢ブログで見てください。

たまたまですが
「仕事のヒント」神田昌典365日語録
で今日読んだのが

キーワード:
あなたの商品がどんなに優れていても、
それがお客に伝わらなければ、ゴミである。

解説:
商品の効果効能に競争優位性はない。
ネーミング及びマーケティングに競争優位性がある。

というメルマでした。
ネーミングがキャッチコピーになると
まさにマーケティングですね。
それを作るのが言葉です。

ミソは一言でイメージさせる。
という部分でしょうか?
意味のあるなしではなく語感とかですかね?
もちろん、あればあるでもちろんいいのですが・・・
商品イメージと言葉を結びつけることを
マーケティングというのかもしれませんね。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。