現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2010年01月19日

人間ドックと整形外科と・・・

昨日は、週初めでしたが
さっそく人間ドックでした。
もうすぐ30歳の高橋取締役と
一緒に受けてきました。
昨年は一人だったので、仲間ができました(笑)

【本日の戦略】

顔写真を出す


人間ドックで、矛盾を感じるのは
バリウム→食事→下剤
という流れ。

関東IT健保は至れり尽くせりの保険でして
人間ドックのあとに食事がついています。
しかも、かなり美味しい。
期待していないでいくと、かなりびっくりします。

しかし、その後に下剤を飲むように指示されているのが
なんかすごく損した気分になります。
飲まないというのもひとつの手ですが・・・
まぁお医者さんの指示なので、飲みます。
しかし、納得できないです。

さて、帰社後はガンガン仕事。
しかし、今日はもう一軒病院へ。
理由は1週間収まらない右足首の痛み。
先週の日曜日に不動産物件を見て回ったら
痛くなりました。

3日もたてば治るだろうと
テーピングテープをし、寝る前に冷やす。
ということをしていたのですが、痛みが引かないので
流石に、折れてるかも!!!
やばそうと思っていたのですが
先週は研修会が続き、外出もありと盛り沢山だったので
病院には行けずじまい。

ということで、今日は検索して、見つけたよさげの
整形外科にGO!
入ってみると、いい感じの込み具合。
いい先生だろうと推測できました。
診察もスムーズ。
さっそくレントゲンを。

今の機器はすごいですね。
とった写真がすぐにPC端末に表示されます。
折れてませんね〜筋も変になってませんね〜
炎症ですね〜湿布出しておきますね〜。

えぇ先生テーピングとか固定とかは?
炎症ですから、湿布でいいとおもいます。
気になるようでしたら、痛み止めの飲み薬をだしますか?
いえいいです。
私がこのとき理解したのは、年だということです。

そう明らかに回復のスピードが遅くなっているわけです。
これは、新たな発見でした。
さて、検索で今日見つけて行った病院は
近かったこともありますが、検索でスタッフさん含めての
顔写真が掲載されていたことが決め手です。
不安なときはこういった笑顔の写真がやはり安心感を生みます。

法則通り、人の顔をだすことは大事だと実感しました。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。