現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2010年01月26日

ローコストリフォームの本質とは?

本日は、ローコストリフォーム実践会の第一回でした。
参加者さんの感想も大変良く、次回への意欲が湧いてきます。
勇気をもらいました。

ローコストリフォームを正しく伝えなくてはという使命を感じています。
理由は、知らないことが非常にリフォーム経営にとってリスクになるからです。
大切な人達に正しい情報をお伝えしたいです。

ローコストリフォームとは、決して安売りをしましょう
という話ではありません。
低価格、定額制のリフォームをしましょう
という話でもありません。

【本日の戦略】

黒船来航にどうあなたは準備するか?


家電量販店、ホームセンターのの超低額、定額制のリフォームは
安かろう悪かろうではないです。
一流のキッチンが低価格で手に入ります。
場合によっては、同じキッチンの見積りでで20万違いが出ます。

自分がリフォームをしようと考えていたら
同じキッチンなら、おそらく業者さんとの関係性があったとしても
安い方を選ぶと思います。

というような状況が全国に広がっています。
この状態に高を括って安かろう悪かろうという安易な考えは
すてなくてはならないと思います。

ということが、今日の実践会の参加者さんには伝わりました。
価格というところを抜かしてしまうと
お客さんにふりむいてももらえなくなってしまう。
ということに気づいていただけたわけです。

ということを、時流と全国のリサーチの結果をもとに
お伝えさせていただきました。

そこから、さらに敵を知るために
ある企業の低価格、定額制のキッチンリフォームの見積りの価格構造を
徹底的に分解して解説させていただきました。
つまり、安くても利益の残る価格構造です。
原価をどこまで落とすと、儲かるか?

そして、みなさんに自社の見積りを作ってもらいました。
で、比較検討です。
で対策です。
「無理だよ」なんて声が出ましたが
ここから、ディスカッションをしていただき
すべてオープンにしていただき、
それぞれの会社さんで原価を比較検討。
どうしたら、原価を落とすことが出来るのか?

白熱!!!
そして、みなさんで来月までの課題を決めていただきました。
アンケートを見ると、ほとんどの方が来月も参加をするとのこと。
ホント嬉しかったです。

さぁ来月に向けて、準備です。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。