現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2006年09月04日

アトピー、アレルギーと住まい シックハウス対策について

日本中でアレルギーやアトピーをかかえる人たちが増えています。

成人までの10人に1人がアトピーであるという報告もあります。
(財団法人日本アレルギー協会)

アレルギーやアトピーをかかえている人は食事制限などをしている方が多いです。

これは食べてはダメ。飲んではダメ。

特にお子さんがアレルギーやアトピーの親御さんの苦労は大変なものです。

ところが、食に対して気を使っている方は多いのですが、

衣と住に関して気をつかっている人は少なく感じます。

こんな話しを聞いたことがあります。


2歳のアトピーを持つお子さんと一緒にタクシーに乗った時のことです。

お子さんがぐずり出し、みるみる顔が真っ赤になり、

汁が出てくるほど突然アトピーが悪化したというのです。


これは、空気が関係しています。

人は1日2キロの食物を食べます。

食物は胃で消化され、腸で吸収、肝臓でろ過され体内に取り込まれます。

それに対して空気は1日20キロを吸い込みます。

体内に入った空気は肺の毛細血管から直接体内に取り込まれます。

食物に対して空気は、量が多く、影響がダイレクトなのです。


つまり、タクシーの中に芳香剤やその前に乗った人の煙草など目に見えない

化学物質が充満していたことが考えられます。

アトピーを持つ2歳の小さい子供にとってこれは致命的です。

肺から入ってきた化学物質が全身に周りアトピーを短時間で悪化させたのです。


さて、住まいを考えてみましょう。

多くの時間を過ごす住まいの空気を作っているのは、

家の床や壁や天井などに使われている建材です。

一見、リビングなどが大事に思われますが

気をつけたいのは、寝室など寝るお部屋です。

寝ている時間は6〜8時間と家にいる時間の大半を過ごします。

しかも、寝ている時は免疫力が落ちているからです。


寝室などが一番ですが、これはリビングやキッチンも同じです。

配慮をおこたると

床、壁、天井などに使われている建材から化学物質が絶えず揮発している状態に

身をおくことにないます。

シックハウスで問題になる化学物質などは

アレルギー、アトピーを悪化させる一因になります。

アレルギー、アトピーを悪化させないためには食だけでなく、

住にも気を遣わなくてはなりません。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(3) | 珪藻土はいから小町など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アレルギー発症のメカニズムと対策
Excerpt: 皆さんはアレルギー反応がどうして起こるのか?もうご存知だと思います。病医院のド
Weblog: シックハウス診断&解決NAVI
Tracked: 2006-09-05 15:31

誰も言わなかった!?子供向け夢のアトピー脱出方法!
Excerpt: 短期間で早く、アトピーを完治させる方法で大切なことは、お子さんの体質改善をしていくこと。お子さんの体質を根本的に変えない限り、アトピーは何度もぶり返します。さあ、誰も言わなかった!?夢のアトピー脱出法..
Weblog: 無料レポート館
Tracked: 2006-09-29 10:20

アトピーを改善する37の裏技
Excerpt: アトピーを改善する37の裏技
Weblog: アトピーを改善する37の裏技
Tracked: 2006-10-20 01:25
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。