現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2006年09月19日

LOHAS発祥地アメリカコロラド州ボルダー

ツアー初日です。

日本からの時差ぼけも何のその、ホテルにつくとセミナーでした。

まずは今回のボルダーの旅のコーディネータテッドさんのお話し。

その前に、少しだけこの町のお話。

人工約10万人。コロラド大学が有名です。

ロッキー山脈に囲まれた学園都市。

常にまわりに4000メートル級の山々が見えます。

ボルダー自体も標高1600メートルほど。

マラソンの高橋尚子さんも高地トレーニングで滞在しているとか。


さて、前置きはこのくらいにしてテッドさんのお話し。

DSCN0295.jpg

LOHASについてボルダーにおいてガイドラインがないのは

強みでもあり、弱みでもある。

でも、多くの人がGive&Takeを実践している。

ボルダーという町は学園都市で

考え方やライフスタイルが高い人が多い。

アッパークラスの人が多い。だからLOHASというものが広まっている。

驚いたのは、LOHASという言葉の認知度は低いということ。

でも、結果としてLOHAS的な生活を送っている人が多いということ。

認知は全米の5〜10%。生活を送っている人は5000万人。

その後

「LOHASについて、ビジネス的、個人的に回りの人と話してください」

とフリーディスカッション。

私は個人的もビジネス的にも「このままじゃあかん」という使命感が

大事だと話しました。

なるほどと思ったのは「あとしまつ」という言葉を使った方の発表。

地球的にも、個人的にもこのあとしまつをきっちっとするってことが

LOHSAなのではないか? ということです。

LOHASは地域社会、地球環境によい事をして

利益をもたらすもの。

作る人、売る人、買う人が別々であるという感覚はよくない。

と話しは終わりました。

次はフランク・ランペさんのお話し。

LOHASという言葉を作った人のひとり。

原点のひとり。

ロハスジャーナルやロハス会議の創設者。

DSCN0300.jpg

LOHASをはじめたポール・レイさんの話しも。

DSCN0308.jpg

ナチュラルフーズからはじまったLOHAS。

はじめはまったく知られていなかった言葉で

つけた当初も「なにそれ?」という感じだったそうです。

しかし、現在LOHASはマーケットの本流になってきている。

と話します。

そして、消費者を理解すれば、

どんな企業でもLOHASビジネスに取り組める。

環境に負担をかけない洗剤がいいことをみんなわかってきている。

企業がどう変わったのか? 何をしたのか? 何をしているのか?

それを見ていって欲しいと話しが終わりました。

次はコロラド州の業界団体のロバート・マクグラフさんのお話し。

町としてどんなことを行っているのか?をお話しいただきました。

企業化が多く、教育レベルが高く、独立精神が高い、投資が受けやすい。

そのことが、コロラドにLOHASを生んだ。

ということをわかりやすくお話しいだきました。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シックハウス対策とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。