現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2006年09月29日

LOHASツアー 5日目

ハードなツアーも最終日。

エコビレッジです。

DSCN0516.jpg DSCN0519.jpg

今度、日本でエコビレッジ国際会議があるそうです。

洗練されたものはないですが、原点、コンセプトを感じました。

パーマカルチャってご存知ですか?

人、地域、家を合わせてデザインする。

そのコミュニティの人たちで自足自給を行う。

ってことですが、それを実践していこうとしています。

中庭を中心に建物が建っており

共同生活をする人たちの集まり。を目指しています。

DSCN0508.jpg DSCN0515.jpg

ヒッピーや社会運動をしながらLOHASを作った人たちが多い。

その原点のような感じがした。

この運動がやばいほうに流れると新興宗教。

ビジネスとあわせてうまくいくとLOHASということになるのだと思う。

そういう意味で原点を感じました。


次、エコハウス。ジュリアさん。

DSCN0522.jpg DSCN0526.jpg

こじゃれたお家にはたくさんの秘密がある。

・ソーラーで日中のエネルギーを100%まかなっている。
・雨がふらないから貯水のために木々を植えた
 (しかも環境に適したものを植えた。雨のふらない乾燥する地域です)
 →落ち葉が地面の乾燥を防ぐようになった
・家の建材はVOCのないものを使っている

面白かった話は、壁にインディアンの肖像がいくつも並んでおり、

「なんで?」と聞くと

インディアンは自然との調和のしかたを知っている。

勉強することが出来る。だから飾っているとのこと。

DSCN0528.jpg DSCN0536.jpg

そう、インディアンはモンゴリアン。日本人と一緒です。

LOHASをアメリカで知るにつれ、日本人にあったものだ。

日本人が従来そうしていたものではないか?ということに気づきました。


次、リビンググリーン。

DSCN0541.jpg DSCN0571.jpg

インテリアをはじめとしたLOHASのショップ。

・ナチュラルな商品
・ケミカルではない商品
・リサイクルを考えた商品
・エネルギー問題を考えた商品

が並んでおり、独自の基準でランクわけがされている。

DSCN0557.jpg DSCN0556.jpg

DSCN0555.jpg DSCN0563.jpg

来た人はそれを見て、どのくらいグリーンな商品かすぐにわかる。

全体的に、価格は高くクッション1つで300ドルもしたのには驚いた。

いいなと思って手にとると驚きの値段なものがほとんどだった。

もともとデザイナーからはじまったオーナーさん。

その値踏みも入っているようです。

ここでも、この材や商品を運んでくる時の石油などのエネルギー資源を

どのくらい使うかを査定の基準にしていた。

地球規模の発想があるんです。

あっこれってあまり日本にないなって思った発想は

リサイクル商品が高く評価されていること。

DSCN0558.jpg

これは靴のソールを使ったマット。

徹底的に自然素材というわけでないことが以外だなぁと感じました。


LOHASを体感するツアーでした。

朝から晩まで。

たくさん移動しました。多くの人との出会いがありました。

刺激的な一週間でした。

お世話になりました方々、ありがとうございました!!!


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | シックハウス対策とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。