現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2007年12月19日

ひそやかに気づいていること

ある1人の人の妻への愛情からはじまった建材作り。

その原点から大正時代にモチーフを得て

立ち上がった「はいからモダン物語」

全国に健康配慮住宅を立て続け2年と4ヶ月ほど。

シップとはいからモダニストさんたちとの

努力でまだまだ少ないですが、

多くの人たちに健康と住まい考えた健康住宅を提供できています。

私が責任者になってもうすぐ2年になろうとしています。

苦悩の1年目を過ぎてからは、トラブルはあるものの

順調に進んできています・・・



さて、その当初からひそかに気づいていることがあります。

はじめは直感的に、このところ間違いなく。



これだけおかしなことが多いのは

化学物質のせいではないか?

ということです。

事件や人にまつわるさまざまなこと。

微量であれば人体に影響はない。

といわれている化学物質も

長い間、摂取し続ければ絶対に外がないことはない。

と思います。

人の精神に影響を与えないわけがない。

と思うのです。


化学物質は脂溶性(油に溶け込みやすい性質)を持っており

脳をはじめとした神経細胞は影響を受けやすいのです。

シックハウス症候群や化学物質過敏症などの検査は

眼球の動きをチェックする検査です。

中枢神経に異常をきたすと

眼球の動きが悪くなるのです。


中枢神経、つまり神経細胞に化学物質が溶け込み

正常な反応を妨げているのです。

人間の細胞間の情報伝達は

微弱な電気=パルスです。

そのやり取りがおかしくなれば、

人の思考から行動がおかしくなるのは明白です。

健康な住まいを考えて原因を知り

探求してきて恐ろしいことがあるような気がしているので

ここに記しておきます。


ラベル:健康と住まい
posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

空気が違う!!
Excerpt: こんばんは、岩田です。現在施工している、マンションの表層リフォームもいよいよ大詰めです。 約27畳のLDKの壁天井を はいから小町(珪藻土)で施工しているのですが、明らかに空気が違うのに気付きます。..
Weblog: 東静プランニング岩田哲也のリフォーム屋的ココロ
Tracked: 2007-12-20 19:53
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。