現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2007年12月23日

竹のパソコン

うぉ〜これかっこええ!!!

と見つけてしまった竹パソコン。

ah_ecobook.jpg

これはいけてる。

竹は、地球環境に優しいです。

たくさん生えてすぐに成長するので森林破壊を軽減します。

もちろんとりすぎればもとのもくあみですが・・・

それにしても、これカッコいいですね。

ロイター通信に出てました。

1976年、スティーブ・ジョブズ氏とスティーブ・ウォズニアック氏はApple Iを開発した。シンプルな木の箱に基板を入れた初期のパーソナルコンピュータだ。

 Appleなどのコンピュータメーカーは金属とプラスチックの筐体に入った高度なPCへと移った。だが、台湾のAsustek Computerは竹という自然の素材を筐体に使ったエコなノートPCに美――そして売り上げ――の可能性を見出している。

 「Asus Eco Book」と呼ばれるこのノートPCは、色調の異なる細長い竹片を板状に並べた筐体を使っている。

 柔軟で耐久性があり、成長が早くて豊富に生えている竹を刈り取っても、樹木の伐採とは違って環境に害を与えることはなさそうだとAsustekは言う。ただし、竹の形を整えたり、補強するための接着剤や薄板に有害物質が含まれていることもある。

 Eco Bookはまだ試作機の段階で、エンジニアは竹がノートPCに適しているかどうかを見極めているところだ。ノートPCには、極端な状況にも耐える耐久性を持ちながら、マイクロプロセッサとディスプレイの熱を逃がせることが求められる。


仕事柄、パソコンをず〜っと持ち歩いている私としては

こんなパソコンをささっと開いてプレゼンできたら

それはそれはかっこええだろうと想像してしまいました。

バンブーはエコで旗へん注目されている素材。

どうしても組み合わせて接着しないと木材としては使えないので

その加工に気をつけていれば大変魅力ある素材ですね。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 珪藻土はいから小町など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。