現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2008年02月03日

有機リン系の農薬に関して

毒入り餃子に関しての報道は毎日目を離せません。

もし自分も食べていたら、もし自分の家族が食べていたら

と思うと、被害にあった方々の心痛が身近に感じます。

原因解明を急いでいただきたいです。


さて、この有機リン系の農薬ですが、意外と近くに使われている。

または使っている事実は、知っているでしょうか?

日本の夏の風物詩となっている蚊取り線香。

こちらは、実は現在有機リン系の農薬を使ったものがほとんどです。

ですから、注意書きには喚起を良くして使ってください。

とあります。

殺虫剤もそうです。ゴキブリが出たときに、プシューとやると

かなり危険です。

太古から生き残ってきたゴキブリの生命を絶てるわけですから

強力さがわかると思います。

えっと思うのが

塩化ビニール、ウレタンフォーム、エポキシ樹脂、アクリル樹脂の

可塑剤、難燃剤として

燐酸トリオルトクレジル(TOCP) が入っています。

かなり身近に有機リン系の薬剤があるわけです。

今回の事件と同じように、量をたくさんとれば、

もちろん体に影響がすぐ出ます。

量が少なくとも、体内にたまります。

体内にたまって、自分の許容量を超えると

化学物質過敏症などを引き起こします。

使わないことがいいわけです。

直接的な影響だけでなく化学物質は体の中に蓄積する

ということを忘れていないわけです。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。