現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2008年05月10日

新居にてゴミを思う

新居に移る前もマンションだったのだが、

大手の不動産会社の管理の元

ゴミ置き場があり、いつでも勝手に分別していれば

ゴミを出せる大変ありがたい状況だった。

新居に移ってから、朝にゴミを出すことが当たり前になってきた。

分別したものを指定された日の朝に出す。

人として当然といえば当然なのですが・・・。


このゴミの量。

ゴミの日はゴミを置く場所を見て

「まだゴミ収集車が来てない」

ということを確認して出しに行くわけですが

簡単に言うと、可燃ゴミの日は

45Lの袋が5〜10出ていると考えると・・・

総量としては信じられない量です。

自分の内でも毎週可燃物を1袋出したとすると・・・

2000Lを超えます。嵩として。

で、それを運ぶために、ゴミ収集車が使われ

焼くために石油が使われるわけです。


捨てないわけには行かないですが、活かすことができないか?

ということを考えなくてはならないですが、

実際のところは出来るものはなにか?

必要以上のもは買わない、もらわない。

というのが一番ではないか?

と思ってしまいます。

包装もしてもらわないのが一番。

最近は本好きの私は、カバーはかけてもらわないのが

信条です。


ラベル:環境 エコ
posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。