現在ブログの更新を行なっておりません。被リンクサイトとしての機能しておりますので、閉鎖しておりません。

2008年05月27日

自宅を古材を使ってお店のようにリフォーム

こだわりというものは、

環境によっても強くなっていくのかもしれませんね。

今日とはちょっとした町屋が絵になります。

昨日のお店もそうでしたが「いいなぁ〜」と思うところが多いですね。


京都2日目は、午前中は伏見で商談。

午後からは、京都でリフォーム新築をしている鮫島浩工務店さんの鮫島さんの

現場を見学させていただきました。

京都の現場を2件拝見させていただきました。

すごいのが、やはり大工さんですので、木に関しての提案とこだわりが強いことですね。

DSCN4308.jpg

この写真は1件目の現場です。

わかりますか? かまちが古材なんです。

それをつなぎ合わせています。

こちらは古材を斜め割って板状にした棚です。

DSCN4304.jpg

天板の色わかりますか?

京都っぽい赤です。

カシュー(漆)の鮮やかな小豆色を塗布して磨き上げるのだそうです。

私、あまりの綺麗さだったので触るのをやめました。

で、写真をパシャリ。

お施主様ご夫妻にもお話を聞かせていただきながら現場見学をさせていただきました。

その施工事例が載ったホームページはもうすぐオープンです。

京都でリフォーム、新築を考えている方は必見の鮫島浩工務店ホームページです。

その後お打合せ。

その後、丸長建材の黒川社長をご紹介いただきました。

建材屋さんは、現状大変です。

現状維持がいっぱいいっぱい。

その現状を打破して、お付合い先の工務店、リフォーム会社さんを

バックアップする提案をさせていただきました。

今後お付き合いが何らかのかたちではじまるといいなと思います。

黒川社長もお誘いしたのですが

シップのことを一番知れるのは代表小松に会って頂くことです。

その機会がこちらです。

来月も全国で開催します。是非ご参加ください。


posted by しみ〜じ〜ことシップ清水 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ブランディング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
清水さんお疲れさまでした私の古材号(軽トラック)でのお迎え失礼しました^^しかし半日の間でしたが中身が濃かったですね私どもの究極古材リフォーム沢山の人に見て頂きたいです、又合いましょう〜〜
Posted by 鮫島浩工務店 at 2008年06月03日 20:45
いつも鮫島さんのところに行くと
勢いと、変化にとても刺激を受けます。
さまざまここから動きますね。
がっつし行きましょう!
Posted by シップ清水 at 2008年06月04日 07:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。